女性画像

肝斑(かんぱん)治療@渋谷 TOP › 肝斑(かんぱん)とシミの違い

肝斑(かんぱん)とシミの違い

肝斑(かんぱん)とシミの違い、分かりますか?
そもそも肝斑とは一体何なのでしょうか。

肝斑とは、30代から40代の女性に多く見られるシミの一つです。
左右対称にできるのが特徴です。シミの一種ではありますが、通常のシミとは原因も治療も症状も異なります。

シミには肝斑の他にも、老人性色素斑やそばかす(雀卵斑)、ADM、色素沈着、脂漏性角化症といった種類があります。
老人性色素斑が一般的にシミと言われているものです。比較的均一な褐色斑で、加齢とともに増加するのが特徴です。
そばかすは少し明るめな黄褐色のシミで、思春期以降にできやすいシミです。ADMは、頬や鼻翼などにできる濃褐色や灰色などのシミです。
色素沈着はニキビややけどなどの皮膚への炎症の後に色素が沈着してしまいできるシミです。
脂漏性角化症は良性の腫瘍の一つでざらざらとした肌触りが特徴です。

このように、肝斑とシミはひとくくりできないものなのです。
肝斑は、おでこや頬など左右対称に表れるシミで、多くの女性がこの肝斑で悩んでいるようです。
肝斑ができてしまうはっきりとした原因は解明されていないようですが、紫外線や女性ホルモンなどが影響しているのではないかと言われています。

それに比べて一般的に呼ばれているシミは、紫外線などの影響によって作り出されたメラニンが沈着してしまっている状態のことを指します。
肝斑とシミでは自分で判断することが難しい症状の場合もありますので、クリニックで医師の診察を受けた方がよいでしょう。

シミや肝斑の種類やケアの方法について