女性画像

肝斑(かんぱん)治療@渋谷 TOP › 肝斑(かんぱん)をクリニックでする理由

肝斑(かんぱん)をクリニックでする理由

最近はCMなどでも肝斑(かんぱん)の改善薬が紹介されるなど、肝斑の認知度も高いのでこの名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
しかし、肝斑が一体どういうシミなのか、どんな治療がいいのかなどの知識が十分に身についているという人はどれだけいるのでしょう。
肝斑についてもっと知りたいという方のために肝斑についてご紹介します。

肝斑(かんぱん)とはシミの一種で、一般的には30~40代女性に多くみられます。
左右対称にできるのが肝斑の特徴です。普通のシミと勘違いしてしまうこともあり、気付いたら肝斑が悪化していたということも少なくないようです。

肝斑の治療法としては、市販されている肝斑改善薬を服用したりする方法が一番身近ではありますが、最も効果のある方法は、クリニックでのシミ治療です。
フェミークリニック渋谷院では、今まで治療が困難だった肝斑に有効なレーザートーニングという治療法を提供しています。
このレーザートーニングという治療法は、今までの肝斑治療に革命を起こしたと言っても過言ではありません。
これまでの肝斑の治療より短時間で効果を得ることができ、ダウンタイムや副作用もほとんどないことから、今大変注目を浴びている肝斑治療法です。

フェミークリニック渋谷院では、レーザートーニングの他にも一人ひとりに合った治療を行い、美しいお肌を取り戻すサポートを行っています。
シミの改善とさらに美肌も期待できるので、肝斑治療は是非フェミークリニック渋谷院で。