女性画像

肝斑(かんぱん)治療@渋谷 TOP › 肝斑(かんぱん)とは

肝斑(かんぱん)とは

肝斑(かんぱん)はシミと呼ばれる種類の一つだということをご存知でしょうか。

シミには様々な種類があり、肝斑の他にも老人性色素斑(日光性黒子)やそばかす(雀卵斑)、ADM、色素沈着、脂漏性角化症といったシミがあります。
シミの中で一般的で多いものは老人性色素斑と呼ばれるものです。
普通のシミと間違って認識されることも多いようですが、実は肝斑だったということも多いようです。

肝斑は、左右対称にできるシミで黄褐色のような色が抜けたように見えるのが特徴です。左右対称に広がることから顔全体に大きな影響を与えてしまうシミです。
かんぱんの原因として、睡眠不足や疲れ、お肌のターンオーバーの不調によってメラニンが溜ってしまったことなどが挙げられます。
血行が悪いと思っていたのが実はかんぱんだったということもあるようです。
また、女性ホルモンもかんぱんに関係しているとも言われています。30~40代女性に多くみられるシミです。
少しでも症状に心当たりのある方は、一度医師の診察を受けた方がいいかもしれません。

かんぱんの治療には、レーザートーニングという治療法がいいとされています。
このレーザートーニングはお肌に余計な刺激を与えシミを悪化させる原因をつくらないことで今まで治療が困難とされてきたかんぱんやしつこいシミを解消することができる治療法です。
かんぱんかなと少しでも感じたら、まずはクリニックのカウンセリングを受けてみることから始めてみましょう。

肝斑(かんぱん)って何??と言う方はコチラをご参照ください。