女性画像

肝斑(かんぱん)治療@渋谷 TOP › 肝斑(かんぱん)ができる原因

肝斑(かんぱん)ができる原因

肝斑(かんぱん)とはどのようなシミで何が原因でできてしまうのでしょうか。

肝斑は顔できるシミの一種で、左右対称にでき黄褐色をしています。
30代から40代の女性に多くみられるシミで、紫外線や女性ホルモンなどが原因として挙げられます。

肝斑は紫外線のよく当たる部分にできやすく、他のシミと同様に肝斑ができてしまう原因や症状を悪化させてしまう要因にもなります。
妊娠やピル(経口避妊薬)によって女性ホルモンのバランスが崩れてしまった場合にもかんぱんができることがあります。卵胞ホルモンと黄体ホルモンが関係していると言われています。

また、紫外線や女性ホルモン以外にも疲れなどからのストレスや睡眠不足もかんぱんの原因になってしまうこともあります。
シミの原因であるメラニンはメラノサイトという細胞が作っています。
このメラノサイトが紫外線や女性ホルモンの影響を受け、メラニンを作り出すことでかんぱんなどのシミの原因になってしまうのです。不規則な生活や寝不足などのストレスがあるとメラノサイトがメラニンを大量に作ってしまいますので、ストレスのない生活を送ることも大切です。

かんぱんができてしまった原因を突き止めるとで、これまでの日常生活を見直し、かんぱんを治すための健康な生活に改善していくことができます。
また、クリニックでかんぱんの治療を受けることでかんぱんの悩みも解消することができ、さらに美肌を手に入れることができます。