女性画像

肝斑(かんぱん)治療@渋谷 TOP › 肝斑(かんぱん)のセルフケアの注意点

肝斑(かんぱん)のセルフケアの注意点

肝斑(かんぱん)ができてしまったら、まずはセルフケアをされる方が多いでしょう。
肝斑は30~40代の女性に多く見られるシミの一種で、左右対称にできるシミです。肝斑の原因には、紫外線や女性ホルモンの影響などがあります。
肝斑ができたらすぐに病院へとはいかないと思いますので、肝斑に関する知識をしっかり付けて悪化させないよう注意しましょう。

肝斑ができてしまった際に注意する点は、お肌に刺激を与えないことです。お肌に刺激を与えてしまうと肝斑は悪化してしまうのでセルフケアは慎重に行いましょう。

お肌に刺激を与えないとは一体どういうことに注意すればよいのでしょうか。
お肌に合わない化粧品は決して使わないこと、洗顔は優しく丁寧にするということです。使った時に少しでの違和感がある場合は使用を辞めるようにしましょう。その刺激によってシミが増えてしまいます。
また、防腐剤や界面活性剤などが使用されている化粧品はその中に含まれている油分が酸化してしまうことでお肌に刺激を与えてしまいます。
化粧を落としたりする際の洗顔にも注意が必要です。
力を入れずに優しく丁寧に洗顔をするようにしましょう。マッサージも刺激を与えてしまうので注意が必要です。

セルフケア以外では、クリニックなどで行われているレーザー治療はかんぱんのできてしまったお肌に施術してしまうと悪化してしまう可能性がありますのでNGです。
かんぱんの正しい知識を身につけて、肝斑を悪化させないよう心掛けましょう。